Half a century 徒然なるままに


一生のうち一度だけの通過点の

 

半世紀をすぎ

 

そして  二度と戻ってこない  「昔」  という過去への回想録

 

 いたいけな日々も

 

忙殺された日々も

 

振り返れば

 

 どれもこれも  「自分」  で在ったことはあたりまえの事実

 

「人生の復習と予習をしばし回想の中で時間旅行してみよう!」

 

と思い立った、それだけのページ

 

徒然なるままに・・・

 

Y@SU